海外留学に必要なものリスト!荷物を詰める前に要確認ですよ

こんにちは、チーレンです。

本記事では

【海外留学に必要なものリスト】
を記します。

海外留学に行く方向けに

・海外留学に必要なもの

・荷物詰めの注意ポイント

をご紹介します。

留学前の準備をしているあなたに読んでもらいたいです。

スポンサーリンク

留学に必要なもの

絶対に必要なもの!

○パスポート(就学ビザ)

○留学関係書類

○航空券

○スマートフォン

○現金

○クレジットカード

必要なもの【解説】

パスポート

海外留学に出発するわけですから、絶対にパスポートを忘れてはいけません。

できれば不測の事態に備えて、自分の荷物のいたるところにパスポートコピーを忍ばせておきましょう。

私の場合は

・財布

・PCケース

・靴の中敷きの下

・書類ケース

などに忍ばせました。

留学関係書類

出入国時や留学先大学に到着した際、関係書類の提示・提出を求められることがあります。

具体的には

・入学許可証

・ビザ申請書

・パスポートコピー

・健康診断書

・ワクチン接種証明書

など。

航空券

留学先への往復航空券を準備した上で、留学に行きましょう。

できればコピーも用意しておくとgood!

スマートフォン

現地での連絡・情報を調べるようにスマートフォンは持っておくべきです。

iOSかAndroidで迷うところですが、個人的にはiOSをおすすめします。

現金

現地での入学金・交通費・入寮費・数日分の生活費などを現金で手元に持っておいた方がいいです。

私の場合は入寮費と生活費を少なめの見積もってしまい、現地で困りました。

クレジットカード

クレカは海外留学に絶対に必要なものNO.1と言ってもいいくらい、留学に来てからお世話になってます。

具体的には生活費を入手するためにATMで海外キャッシングしています。

海外キャッシングは、日本の銀行から海外送金するより手数料が安く、手間もかかりません。

海外留学に行くなら
海外キャッシング対応の
クレジットカード
は必須アイテム

留学に便利なアイテム

あると便利なもの!

○1週間分の着替え

○PC・タブレット端末

○腕時計

○洗濯グッズ

○洗顔用品

○お風呂用品

○インスタント食品

○日本語で書かれた教材・本

便利なもの【解説】

1週間の着替え

数日間~1週間の着替えを持ってくると、買い物に行くまで困らないのでいいですね。

特別なこだわりがない人は、着替え・防寒具を現地で購入すればいいと思います。

私は3日分の洋服と5日分の下着をパッキングしてました。

PC・タブレット

留学先での情報収集・レポート作成・日本にいる家族や友人とのビデオ通話などに使えます。

iPadなどのタブレット端末なら様々なスキマ時間の暇をつぶすことができます。

腕時計

スマートフォンやタブレットでも時間を確認することができますが、バッテリー切れや試験持ち込み不可などのデメリットもあります。

だからこそ腕時計を持っておくと確実に時間を確認できるのでいいと思います。

なお、世界時計に対応しているものだと時間設定が簡単なのでgood!

洗濯グッズ

トラベル用の洗濯グッズを持ってくると、買い物に行くまでの数日間を乗り切ることができます。

具体的には

・トラベル用の洗剤

・洗濯ネット(中サイズ)

・折り畳み洗濯ハンガー

など。

洗顔用品

現地の水質にもよりますが、洗顔用品を持ってくると肌荒れを防止できますね。

スキンケア用品はなるべく自分の肌に合ったものを使った方がいいです。

お風呂用品

留学先のシャワールームにお風呂用品がないことがあるので、トラベル用のお風呂用品を持っていくとgood!

具体的には

・シャンプー

・リンス

・ボディーソープ

・バスタオル

など

インスタント食品

留学先でホームシックになったり、日本のことが恋しくなったりすることがあります。

インスタント食品を持ってくると、日本の味を感じることができ、気軽にリラックスすることができます。

具体的には

・インスタントの味噌汁

・緑茶

・レンジで調理可能なカレー

・白飯

などがおすすめです。

日本語で書かれた本

語学留学の場合もそうじゃない場合も、日本語で書かれた参考書や本を持っていくと非常に便利です。

現地では日本の教材はなかなか手に入らず、外国語で書かれた参考書はなかなか読みにくいため。

荷物詰めのポイント

時間に余裕を持とう

荷物詰め(パッキング)には時間がかかるので、出発まで時間的余裕のあるうちに始めましょう。

最低限必要なもの

スーツケースに荷物を詰める前に、最低限必要なものを用意しましょう。

最低限必要なものを詰め終ってから、それ以外のものは詰めるべきです。

1週間用の荷物

洋服などにこだわりがない人は1週間分の荷物を詰めることを意識しましょう。

必要以上にものを詰めてしまうと、自分が持っていきたいものを我慢せざるを得なくなってしまいます。

貴重品は手荷物に

貴重品は手荷物に入れましょう。

・パスポート

・重要書類

・スマートフォン

・PC

・電化製品

・現金

など

スーツケースは運航過程でなくなってしまう可能性がありますので、大切なものを入れてしまうと危険です。

重要書類はコピー

忘れてしまいがちですが、重要書類のコピーを持っていくことは大切です。

具体的には

・パスポート

・往復航空券

・入学許可証

・ビザ申請書

などのコピーをとっておきましょう。

コピーを持ってくれば、不測の事態でも救われる可能性があります。

こだわりのあるものを

自分がこだわりをもっているもの、よく使うものを詰め込みましょう。

たとえば

・ファッション好きな人は洋服

・本好きな人は本

・食べるのが好きな人はレトルト食品

など

重さに気を付ける

たくさんの荷物を持っていきたいですが、航空会社ごとに預け入れ荷物と持ち込み手荷物に制限がかかっています。

ある程度荷物を詰め込んだら、航空会社のHPに行って荷物の制限規則に関して調べておきましょう。

もし制限をオーバーしてしまうと、その場で中身を減らさないといけません

まとめ

ここまで【海外留学に必要なものとパッキングの注意点】を記してきました。

しっかり荷物を準備して、
快適な留学生活をおくりましょう!

ご覧いただきありがとうございます。

あなたには以下の記事もおすすめ⤵

シェアしてね

スポンサーリンク