アリペイがないと生きていけなくなった男のハナシ【体験談】

こんばんは、チーレンです。

本記事のテーマは

【便利すぎるアリペイの話】です。

(タイトル盛りすぎました笑)

スポンサーリンク

アリペイをどう使うか

チーレンの北京生活の大部分はアリペイで成り立っています。

①外食や出前

②ネットショッピング

③コンビニやスーパーでの買い物

④携帯電話の通信料

北京では現金をほぼ持ち歩かない

【キャッシュレス生活】が可能です😆

アリペイのイイところ

決済スピードが速い

決済がシンプルでスピーディ!

アプリ上で決済ボタンを押す

QRコードをスキャンしてもらう

だいたい5秒以内に決済が完了します(笑)

使用額がすぐわかる

決済完了後どこで、いくら使ったかをアプリとメールで通知してくれます。

スマホがあればOK

預金のある銀行口座と紐づけておけば、スマホのアプリのみで決済できる!

アプリが使いやすい

アプリを開いて、QRコードの表示までの手間が少ない。

※Wechatより使いやすい

もはやインフラ

中国北京で生活する上で【アリペイ】は非常に便利!

キャッシュレスアプリ=インフラ】

として受け入れられてますね。

クレジットカード産業を制限して、国内サービスを浸透させたおかげでしょう。

まとめ

ここまで【便利すぎるアリペイの話】を記しました。

◆日常生活に浸透している

◆アプリの性能が高い

◆現金を持つ必要がない

【北京でのアリペイ決済=最高!】

おわりに

ご覧いただきありがとうございました。

本記事が参考になれば幸いです。

ぜひ感想を聞かせてください。

チーレンのTwitter

ご覧になったあなたは以下の記事も↓

シェアしてね

スポンサーリンク